サービス

葬儀に数珠を持参する理由とは

葬儀に参列するときに数珠を持参する人が大勢いますが、これは仏様に敬意を払い亡くなった人への供養を示すためにという意味合いで用いられています。どのような宗派で行うかによって用いられる数珠は異なりますが、一般的な片手で持つ略式タイプを一つ持っていれば多くのケースで利用することが出来て便利です。男性用と女性用では一つの玉の大きさが異なり、使われる素材も木材であったり石であったりと様々です。葬儀で特にこれでないといけない、という決まりは無いため、木材や石の種類や房の色は自分の好みで決めると良いでしょう。

使う数珠は何がいいのか

葬儀で使う場合、数珠は略式のものを使うとよいです。数珠は宗派にあったものもありますが、その宗派でしか使えないものですので宗派が分からないといった事態に対応するためにも、略式のものを使うとよいです。略式の物をつかったとしても失礼になることはありません。略式ならば男性用と女性用に分かれ、種類も多いので価格などから選ぶとよいです。葬儀がいつ必要になるか誰にも分からないものです。できるだけ早いうちに購入しておき普段から鞄などに入れておくとよいです。突然行かなければいけない時でも、すぐに対応することができます。

↑PAGE TOP

© Copyright 葬儀の基礎を事前に学ぶ. All rights reserved.